筆箱を新調

檜の端材があったので、筆箱を新調しました。

きれいな木目でしたので、色をつけずに仕上げました。

材のサイズが少したりなかったので、少し小さいものができあがりました。

以前のものより小振りで姿のバランスもよくなった気がします。

寸法のバランスの大切さをあらためて実感しました。

釘は迷ったのですが、試してみたい気が勝り、打ってみました。

姿形には満足をしていますが、目下の問題は小振りになったことで、中身が収まり切らなくなったことです。



コメント